ネオギフトと悪徳業者を比較!!

ネオギフトtp悪徳業者の違い
どの業界にも悪質な行為をしている業者は存在しているかと思います。
クレジットカード現金化業者には、悪質な行為をしている悪徳業者が多くいます。
今回は、現金化業界の中でも優良店と言われている「ネオギフト」と「悪徳業者」を比較し違いをまとめてみました。
信用できる情報ですし、読むまでの時間もそほどかかりませんので参考にしてください。

クレジットカード現金化業者の接客対応

クレジットカード現金化の運営方法は、店舗型とネット型があります。
どちらにも言えることですが、特にネット型で運営している現金化業者は接客対応が良くなければなりません。
電話対応で接客するさいに、相手に不快に思われてしまえば、次の利用に繋がらない可能性があります。
では、ネオギフトと悪徳業者の電話対応の違いをお伝えします。

ネオギフトの場合

ネオギフトの接客対応は丁寧で、分かりやすく事細かく説明してくれる業者です。
初めて電話で問い合わせをした際に、分からないことがあれば質問すると丁寧にキチンと答えてくれます。
利用者が商品の購入をしますが、その際に不明なことがあれば、その都度サポートしてくれますのでインターネットが苦手な方でも利用ができます。

悪徳業者の場合

悪徳業者の場合は、基本的に言葉使いが悪いです。
最悪な業者にあたってしまうと、ヤミ金業者みたいな口調で対応されます。
このような業者に間違って申し込みでもしてしまったら、怖くて断れなくなってしまうでしょう。

ネオギフトと悪徳業者の換金率の違い!

クレジットカード現金化業者によって、現金化の方法が違います。
現金化の方法が違うことによって、現金化する際に掛かる手数料も変わります。
ですが、同じ手続き内容でも現金化業者によって、換金率が全く違います。
それでは優良業者のネオギフトと悪徳業者の換金率の違いを紹介します。

今回は10万円の利用をした際の比較になります。

ネオギフトの場合

ネオギフトの換金率は、ホームページ記載通りの換金率となっています。

100,000円(申込金額)⇒98,000円(実際の決済金額)⇒80%(表示換金率)⇒78,400円

78,400円がネオギフトを利用した際の振込み金額です。
ネオギフトは、余計な手数料がかかりません。
決済金額と振込み金額の差は、19,600円となります。

悪徳業者の場合

悪徳業者の場合は、ホームページ記載通りの換金率ではない業者がほとんどです。
換金率の表示が無かったり、最大96%や「他社に負けません!換金率を1%でも高くします」などと謳っていますが、実際はかなり低い換金率でサービスをしているのが現状です。
では、悪徳業者の換金率はと言うと下記になります。

100,000円(申込金額)⇒100,000円(実際の決済金額)⇒70%(非表示換金率)⇒70,000円

70,000円が実際に振り込まれる金額になります。
決済金額と振込み金額の差は、30,000円になります。
悪質な悪徳業者に引っかかると換金率が60%台ということもあります。

悪徳業者の場合は、現金化業者によって違いますが色々な名目の手数料を言われ引かれます。
決済手数料・振り込み手数料・消費税など言われて換金率がどんどん低くなります。

上記の二つを比べてみていただければ分かると思いますが、申込金額が一緒でも、実際に振り込まれる金額は10,000円以上違うことがわかります。
利用者は現金化業者選びを間違えてしまうと損をしてしまいます。

まとめ

皆さんいかがでしたか?
ネオギフトと悪徳業者を比べてみて分かったと思いますが、換金率が違うと利用者が損する金額も比例して違います。
現金化業者の表示換金率に騙されてはいけません。
利用者にとって実際に振り込まれる金額が重要となってきます。
クレジットカード現金化を利用する際は、ネオギフトを利用するといいでしょう。
こちらをご覧になっても信用出来ない人は、実際にネオギフトと他の現金化業者に電話してご自身で確かめてみるのも良いでしょう。